Twitterはこちら

【対処法】母親のヒステリックで悩んでいるあなたへ【実体験】

この記事を読んでいるあなたへ、まず伝えたいこと。

『あなたは何も悪くありません。』

 

おそらく、あなたは母親のヒステリックに日々悩まれていることと思います。

私自身もかれこれ20年以上、悩んできました。
そんなヒステリックな母をお持ちの貴方へ届けばいいなという思いで記事を書きました。

 

ヒステリックな人は一生そのまま

 

残念ながら人はそう簡単に変わりません。

自分でさえ変えるのが難しいのに、相手に改善を求めようとすることは更に難易度が上がります。

 

それがヒステリーな人なら尚更。

 

おそらく指摘しただけで逆上されて、ブチ切れられて機嫌が悪くなって終わりだと思います。

私も何度も母親のヒステリックを治そうとしてきました。

結論、無理です。

まずヒステリックな人の特徴として

  • 「ヒステリック中はまるで別人」
  • 「気が狂ったように叫ぶ」
  • 「会話にならない」
  • 「自分を自分で制御できていない」
  • 「指摘などを受けるのが許せない」
  • 「すぐに機嫌が悪くなり、その理由も不明」

などが挙げられます。

自分の感情を自分でコントロールできないのは本来、大人として失格なのですけどね。

冷静に話し合いが出来ない人と、こっちが精神削って話そうとする必要はありません。

話すだけ無駄、と割り切ってしまってください。

 

貴方が必要以上に苦しむ必要はない

 

当然ながら、貴方に責任はありません。
向こうが勝手に機嫌が悪くなって、喚き散らしているのです。

 

普通の大人ならば、嫌なことや不満があったら直接本人に理由を話すのが筋です。

ただ、ヒステリックな人は勝手に機嫌が悪くなり、なおかつ何故機嫌が悪いのか、こっちは理解できない場面が多いです。

まるで言葉の話せない赤ちゃんですがそういう人間なのだと、こっちが割り切るのが精神衛生上も楽なのでオススメです。

 

対処法は1つ。距離を置くこと

 

貴方は母親と同居されていますか?

 

もしも同居されているのなら、一人暮らしや結婚などで家を出ることを強くオススメします。

学生さんの場合はまだ家を出ることが出来ないかもしれませんが、いずれ絶対に成人しますよね。そのタイミングもしくは、大学入学などのタイミングで家を出ましょう。

保証人なしでも借りれるお部屋や、格安で引越しをする方法はこちらを参考にして下さい

【保証人なし可】安く家を借りる方法

 

ヒステリックな人と一緒に暮らすことは本当にストレスが溜まります。

さっきまで機嫌が良かったはずなのに、気付けば死ぬほど機嫌が悪い。

 

自分の機嫌もコントロールできない人と、こちらが我慢してまで暮らす必要は無いのです。むしろ貴方の人生に悪影響なので、出来るだけ早く距離を置いてください。

「母親だから」と必要以上に悩まないでいただきたいです、むしろ「母親」だからこそ距離を置く必要があります。

 

「寄り添うような努力」をしたり「精神科医」に連れて行く方法もネットには書いてありますが、ヒステリックな母親を説得して精神科医へ連れて行く自信がありますか?

 

正直、私は全くありません。

例のごとくブチギレられて、怒鳴られる光景が容易く想像できます。

 

また、「毒になる親」という本をご存知でしょうか。
うちの母親はヒステリックなだけで毒親なんかじゃ無い!という方はスルーしていただいても大丈夫です。

 

私も心のどこかでは「うちの母親はヒステリックなだけ、決して毒親では無い」と思っていたのですが、この本を読んで毒親だったと判明しました。25歳の時の出来事です。

 

自然に涙がこぼれてきました。と、同時にそこから私の本当の人生が始まったと思っています。吹っ切れたのです。

 

なので、もしも本当に母親のヒステリックで辛い、と考えている方がいたら一度読んでいただきたいです。


Amazonでのレビューも400件以上あります。

悩んでいるのは、貴方だけでは無いです。

 

必要以上に無理をしないで

 

貴方はきっと今まで長い間我慢し続けてこられたのでは無いでしょうか。

私もその一人でした。母親だから、血が繋がっているから分かり合えると心の何処かで期待していたのですが、実際は違いました。残念ですが、親子だろうがなんだろうが分かり合えるとは限らないのです。

貴方がヒステリックな母親から自由になれることを心より願っています。

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

姫野
こんにちは。姫野です。ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。よろしくお願いいたします♪