Twitterはこちら

母親の機嫌がすぐに悪くなる原因とは【毒親】

母親の中には、自分の機嫌をコントロールできない人がいます。

そして子供である私たちに不機嫌なことを容赦無くぶつけて来る母親もいます。
俗にいう「毒母」です。

 

この機嫌がすぐに悪くなる母親への対処法を書いて行きたいと思います。

 

母親のご機嫌取りしていませんか?

 

機嫌が悪くなると、どうしてもビクビクしてしまうという人は毒親持ちの人に多いです。

私も常に母親の機嫌や顔色を伺って生きてきました。

 

小さい頃から母親の機嫌を損ねないようにビクビク生きてきました。

なのでご機嫌取りをする人の気持ちが痛いほどわかります。機嫌が悪くなられて、とばっちりに合うのは子供サイドですからね。

ただ、ご存知の方も多いかと思いますが「毒になる親」という本を読んでから価値観が変わると同時に、何かから解放されました。


この本を読むまでは、どこか心の中で「私の親は毒親ではない」と思いたかった自分がいましたが、読んだ後は毒親だと確信しました。

それと同時に、自分の人生を歩む勇気が湧いたのを今でも鮮明に覚えています。

 

母親の機嫌が悪くなる原因とは

 

まず、貴方が原因ではありません。

 

そもそも機嫌が悪くなることは人間ですから、誰にでもあります。
しかし、それを表に出す人もいれば出さない人もいるのです。

普通の大人でしたら、機嫌が悪くなっても人に当たったり「私、機嫌悪いんですアピール」はしないです。

 

尚更、子供の前では隠すように務めるのが親の定めではないでしょうか。
「こうあるべき」という考え方は良くないかも知れませんが、子供に気を使わせている時点で、正直言って親失格です。もはや人間失格です。

 

母親の機嫌が悪い時の対処法

 

私も長年、母親の機嫌に振り回されてきました。

機嫌を伺う癖がついたおかげで、人間関係で苦労することもしばしば。この記事を読んでくださっている貴方にも、早く自由になっていただきたいと心から願います。

 

そこで、被害を最小限に抑える方法をいくつかご紹介します。

 

1.話しかけられても無視する

 

機嫌の悪い時に、話しかけて来ることもあろうかと思います。そんな状態の母親とは、なるべく関わる時間を減らすことを徹底して下さい。

 

イライラをぶつけられてこちらの気分が悪くなるだけです。無視してその場から出来れば逃げて下さい。無視はちょっと…と言う場合は、一言返事で抑えて下さい。

私は母親のおかげで、スルースキルが磨かれた自覚があります。

 

2.距離を置く

 

機嫌が悪くなったな…と雰囲気で察することが出来るのならば、その時点で同じ空間にいるのは危険です。速やかに避難して下さい。

 

3.別居する

 

極論、この方法が一番です。

同居していると、距離を置くと言っても同じ屋根の下にいることになります。
母親が機嫌が悪いときはヒステリックになったり、モノに当たるタイプの場合、その暴れている音が嫌でも耳に入ったりします。

あなたの精神衛生上にも大変よくないですし、出来ることなら別居されることをお勧めいたします。

 

かと言って、実家暮らしの場合すぐに家を出るのは難しいという人が多いと思います。
実家出れたらとっくに出てるわ!という人も多いかと思います。

私もそうでした。

 

その場合は、なるべく同じ空間にいる時間を減らすことが良いのかなと思います。

例えば仕事をしてらっしゃるのならば、残業してから帰る…
休日は家にいないようにする…など

 

本来、安心できるはずの家に、落ち着いて居ることが出来ないなんて
悔しいし寂しいですが、母親の機嫌を伺いながら生活するよりはマシだと思います。

 

さいごに

 

母親の機嫌って本当にコロコロ変わるし、なぜ機嫌が悪いのかわからない時が多いです。

さらに沸点も謎となると、こちらではどうにも出来ないです。

 

更年期の可能性もなくはないですが、根本的に母親自身に問題があることがほとんど。

仮に更年期障害だとして、通常の母親ならば自覚して周りに迷惑をかけないように何かしら対策します。


けれど、すぐに機嫌の悪くなる母親の特徴として、人の意見を聞かないことや、アドバイスなんかを受け入れないことが挙げられます。

上記の命の母は更年期障害用の医薬品ですが、これを買って渡したら私の場合はブチ切れられる気がします。

 

ですので、こう言った母親に対する一番楽な対処法は、物理的にも精神的にも距離を保つことです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

姫野
こんにちは。姫野です。ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。よろしくお願いいたします♪