Twitterはこちら

新入社員だけど有給休暇を遠慮して取れない人へ

誰しも経験する新入社員時代。

 

有給休暇、満足に取れていますか?

中には取りたいけど、遠慮して取れない・取りにくいという人もいるはず。
私もそうでした。

そんなあなたへこの記事を書いています。

 

 

有給休暇を取ることは当然の権利

 

労働基準法では、「6ヶ月継続して働いた労働者に10日間の年次有給休暇を与えなければならない」と定められています。

法律で定められている以上、当然の権利です。使って当然なのです。

有給休暇を取ることは「悪だ」とか言っているおじさんやおばさんがいますが、それ労基違法ですよ。

 

しかし日本の企業の中には、有給を取りにくい風潮がありますよね。

古い会社だと、何人もの上司の許可を取らないといけないところも。

 

有給休暇を取りにくい会社は淘汰される時代

 

あなたの勤めている会社はどうやって有給休暇を申請する仕組みですか?

 

パソコンで申請できますか?

それとも

手書きの申請用紙でしょうか?

 

私の前に勤めていた会社は、手書き用紙タイプだったのですが、このシステムは本気で有給が取りにくいです。申請用紙が上司のデスクの後ろの棚に置いてあったのですが、そこに行くのも行きづらい。

「あいつ有給使うのかよ」

的な目で見られるわけです。

しかも有給使うには上司への相談のあと、所長の許可ももらう必要があり、取得までのステップがやけに長い。

もちろん、新入社員だから上司に相談するのは必要なことだとは思いますが、こんなに面倒な手順を踏まなきゃいけないのは萎えます。

 

いまは別会社で働いていますが、パソコン一台だけで申請できて上司への相談もいりません。

「あ、明日休みたい。」

と思った日の前日の夜に申請することもあります。(もちろん仕事の都合を考えて…ですが。)

 

この、有給の取りやすさって快適に働く上で必須条件だと強く思います。

そして一概には言えませんが、手書きやら許可制やらで有給取得までのステップが長い会社は、時代の波に乗れていない印象です。

 

今後、さらに働き方や仕事内容も変わってくる世の中に
そのような会社が対応できるのか疑問です。

 

新入社員でも有給はとって当たり前のもの

 

確かに、仕事を教えてもらっている立場ですと有給は取りにくいです。

 

実際に私も新入社員時代、有給を使ったのは

胃腸炎になった時と午後に腹痛で早退した時のみ。

本当はもっと休みたかったし、普通に取りたかった。けど、仕事を覚えて一人前になるまでは取りにくいんですよね。

 

しかし、時代は変化しつつあります。

いまは昭和でも平成でもなく、令和です。働き方も会社の在り方も大きく変動しています。

 

私も実際に前の会社は、有給休暇もそうですし全てが古臭かったです。
勤怠管理も勤怠管理シートという手書きのものでした。

 

今の会社は全てパソコンで管理されていますし、
前の会社のように月末に勤怠を自分で紙にまとめる必要なんて皆無です。

 

本来、無駄な効率はどんどん排除していくべきです。

なのに、うちの会社はまだペーパーレスの波が一切来てない…という人は、早めにその会社に見切りをつけてしまうのも1つの手段です。

 

ちなみに私が今働いている会社の新入社員さんたちは、気にせずバンバン有給使っています。

パソコン1つで申請できるというのと、報告するのも社内のチャットシステムで出来るので、そこまで緊張することもないからだと思います。

 

有給が取りやすい会社も世の中にあることを忘れないで

 

私も転職をするまでは、会社って有給が取りにくいもんだと思っていました。

どうしても所属している会社目線になるので、視野も狭くなりがちです。

 

けど、世の中には有給を強制で全部取得させている会社もあることを忘れないでください。

 

うちの会社も有給取得率100%を目指しているので、新人だろうが役員だろうが関係なく普通に休んでいます。

本来、これが普通の働き方です。

 

有給が取りにくくて悩むような会社でずっと消耗し続けるのは、あまりにも人生の損失です。

 

会社のために生きるなんて嫌じゃないですか?

 

働きやすい会社に行くにはどうしたら良い?

 

すぐに転職!とは言わないですが、ゆくゆくは転職を視野に入れるのも良いと思います。

もちろん今すぐ環境を変えたいという方は、すぐ転職活動をしてしまうのもアリです。

 

転職エージェントにお試しで相談するのもオススメです。

もちろん無料で話を聞いてくれますので

「有給取得率が高い会社はありますか」

「こういう会社がいい」

「働きやすい会社で働きたい」

「給料を上げたい」

など、とりあえず自分の要望を伝えてみてください。

すると親身なエージェントですと、

「もう少しスキルを上げてからがいいかもしれません」と言われるかもしれないですが、正直、ブラック企業へ行くよりも断然その方がその後の人生が全く変わってきます。

 

お勧めの転職サイト・エージェント

 

リクルートエージェント...知名度・満足度共にNo. 1。圧倒的な非公開求人数。

ウズキャリ第二新卒/ウズキャリ既卒ブラック企業を徹底排除!ホワイト企業へ転職したい方へ。

For A-career…20代に特化したエージェント。内定はもちろん、内定後も徹底的にサポート。

転職会議エージェント…主にIT・WEB業界に強いエージェント。将来的に独立やテレワークしたい人へ。

転職ナビ月間3万人が新規登録する業界最大級の転職サービス。お祝い金も最大10万円貰えます。

いい就職ドットコム経歴や能力に自信がなくても、優良企業へ転職したい方向け。

20代の転職相談所…5,000件以上の正社員限定求人から自分に合った会社を見つけられます。

 

 

気になったエージェントや転職サイトは登録しておいて、

暇な時間や通勤時間などに情報収集しておくと、その後の人生が大きく変わります。

 

経験上、転職はタイミングも重要なので、暇なときに求人を見ておくとビビッとくる会社に出会える確率が上がります。

 

逆に常に募集している会社もわかってきます。
常に募集をかけている会社は離職率が高く、すぐに人が辞める=ブラックの可能性が非常に高いので注意してください。

エージェントに相談すれば、そういったことも教えてくれるので色々と相談してみてください。

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

姫野
こんにちは。姫野です。ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。よろしくお願いいたします♪