Twitterはこちら

通関士の年収、お給料の実情とは。

こんにちは、姫野です!
今日は通関士の年収にスポットライトを当ててみたいと思います。

通関士という仕事自体、
あまりメジャーではないので年収も予想がつかないという人も多いのでは無いでしょうか。

 

通関士のお給料事情

 

通関士の資格は国家資格であり、なおかつ難易度も高いのですから
お給料もそれなりに高いのでは、、?と姫野は最初思っていました。

 

しかし、新卒一年目の年収は世間一般的に言われる額とほぼ同じでした。(大卒の平均額)

 

しかし姫野の会社では、通関士試験に受かるとお給料が若干アップします。
わずかな額だとしても、塵も積もれば山となる的な感じで
同年代の人よりは年収が上がったりします。

 

基本的に通関部を所持している会社は、
通関士の資格を取るとお給料が上がる会社が多いです。

 

しかし通関士というのは基本的に、
倉庫業や運輸業の会社に勤めているパターンが多いように思います。
そうなると、そもそも倉庫業、運輸業の業界年収自体がそんなに高く無いので、
そこまで高給取りでは無いと推測できます。

 

大体通関士の年収の振れ幅は、300万円〜1200万円です。

 

やはり、
所属している会社の規模や経営状態、個人のスキルや学歴に大きく左右されます。

 

当然ながらボーナスも支給されます

 

通関士ももちろんボーナス出ます。

 

姫野の会社では入社一年目の夏からボーナスが出ます。
これは非常に嬉しいです。
姫野の大学の友人は入社一年目の冬から、という所が多かったですね。

 

基本的に安定している業界ではあるので、ボーナスカットは滅多にないと思います。

 

通関士といっても所属先で年収は違ってくる

 

大企業の通関士ならば付随してお給料も高くなりますし、
そうなると通関士の平均給与を超える人も出てきます。
また、中小企業の通関士では出世しても大企業並みのお給料は貰えない可能性もあります。

 

しかし、中小企業であっても個人のスキルなどによっては高額な給料を貰っている人も中にはいます。

 

要は個人の能力によるんですね。

 

また、通関士は違う通関業者へ転職して給料を上げるという方法も取れます。
実際、通関業者を渡り歩いている通関士は少なくありません。

姫野はもう通関士はいいので通関業界での転職は視野には入れてませんが。笑

 

とはいえ、通関士は国家資格なだけあって結構お給料良いので
取るか迷っている人にはオススメしたい資格です。
取って後悔することは無い資格だとは思います。

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

姫野
こんにちは。姫野です。ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。よろしくお願いいたします♪