Twitterはこちら

職場に同年代がいない場合の対処法は?

こんにちは、姫野です。

さて、今日は職場に同年代がいない人たちへエールを送りたいと思います。

過去に同期がいない方向けの記事も書いているので
良かったらそちらも読んでください。

http://sayun28.com/post-130

姫野も職場に同年代がいません。
一番近い人で15個ほど離れています。
直属の上司なんて30個以上離れています。親よりも年上。

 

もちろん入社直後は同期いました。
しかし、その同期もやめてしまった上に、
そもそも配属先が違ったのでどちらにせよ、職場では同年代ゼロでした。

 

最初の頃は緊張もあるし、毎日必死なのでそんなに気にしていなかったんです。
むしろ年が遠い人だらけで可愛がってもらえるのでは?とプラスに考えていました。

 

職場とはいえ、同年代がいないとだんだん辛くなってくる

 

そうなんです。結構、いやかなり辛いです。

 

最初の頃はこんなもんか。と割り切っていたのですが、仕事している以上いろいろなストレスが溜まってきます。

この鬱憤は、大学時代の友人などに相談してもいいのですが、
やはり同じ組織内にいる仲間に相談した方が気持ち的にも晴れることが多いようです。

 

姫野も実際、同期がまだ在籍していたころは毎日ラインでやり取りしていました。
会社内で本音が言える唯一の人物だったのです。

 

その同期もいなくなった今、私が本音を言えるのは大学の友人ひとりと、グーグル先生だけです。

 

やはり、職場の年の離れている先輩に対して心の底からの本音は言えるもんじゃないです。

直属の上司からも
「なにかあったら相談してね。」
と言われていますが、本音を言ったことは一度もありません。

というか言えないです。その上司本人が嫌、ということもあるのですから。

 

同期がいない、同年代がいないことは普通なのか

 

普通ではないですが、そういう会社も少なくはありません。

 

大企業とかなら、同期300人いるって人もいると思いますが、結局はみんな色々な営業所へ飛ばされることになります。

しかし結局、毎年たくさんの人を取るため、年の近い人は職場に何人かはいる可能性が高いです。

 

その逆に、中小企業とかだと、新卒採用も一桁だけというところも多いと思います。

姫野の会社も大企業ではないので、新卒採用も毎年少ないです。
そして中途採用の方が多いため、必然的に組織内平均年齢が高い、ということになります。

 

やはり、職場で同年代がいない現象に陥るのは中小企業が多いですね。

 

同年代がいないことを理由に転職は有りか。

 

ありだと思います。

一日の大半を過ごす職場でずっと気を張っていなければならないのは辛すぎます。
ましてや内勤で、ずっと事務所内となるともはや拷問です。

 

姫野みたいに通関業務の場合はずーっと事務所内です。非常に辛い。

 

唯一、外に出れるお昼休みも、通関部ということで周りには何も有りません。
まじで倉庫くらいしかないのです。
おまけにコンテナ車がめっちゃ走ってて轢かれそうだし。

 

そこで姫野は毎日どこで休憩しているか。

 

会社内の非常階段です。笑

 

ここ、あんまり人もこないんですよね。

夏は暑いし冬は寒いんですけど、事務所にいることを考えたら全然マシです。
人の目が気にならないので。

 

同期とかとおしゃべりしながら過ごせる人が羨ましいです。

 

同年代がいないことのメリット

 

メリットもあるとは思います。

 

変に仕事などで比べられない。

飲み会とか付き合いとかで悩まない。

ウマの合わない奴がいない。

 

同期や同年代がいないと上記の悩みとは無縁です。

お昼休みは一人で過ごしたい!って人にはいいと思います。
また、ライバルもいないので、出世競争とかも無いのかなと思います。

 

しかし、やはり同年代は必要

 

いくら職場とは言え、年上ばかりだといつかは限界がくると思います。
姫野も最初は耐えれると思っていましたが、やっぱり無理なもんは無理でした。笑

 

就活する上で自分が働く環境に同年代はいるのかどうかは、
チェックしなければいけないと感じます。

 

離職理由の第一位が人間関係ということは、
職場環境においての人間関係は非常に重要なことだと理解できます。

 

姫野的には、そんなに年の離れた人しかいない事務所に、新卒を放り投げた総務部の人たちに疑問を抱いています。普通に考えたらどうなるかわからないのか、と。笑

 

そんな理由でやめると、
世間的には我慢が足りないだの最近の若者は、などと言われるのかもしれませんが、
たった一度しかない人生、そんな職場にずっといて疲弊する方が勿体無いです。

 

姫野と同じように、職場に同年代がいなくて毎日辛い、
という人はさっさと転職してもいいと思います。

 

職場に同年代がいないから、というのは立派な退職理由です。

今は昭和ではなく、平成でもなく、
令和なのです。
石の上に三年もいる時代はとっくに終わったのです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

姫野
こんにちは。姫野です。ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。よろしくお願いいたします♪