Twitterはこちら

【入社半年】新入社員の会社の辞め方について

こんにちは、姫野です。

この記事を読んでいる方は新入社員の方が多いと思います。そして、本気で会社を辞めたいと悩んでおられると思います。

 

そこで、新入社員の会社の辞め方についてお話していきたいと思います。

 

結論:新卒でもいつでも辞めてOK

 

いつ辞めてもいいのです。新入社員だとしても。

現に、姫野の同期は入社2ヶ月で辞めていきました。

そして全く違う業界へ転職し、全く違う職種で活躍しています。いわゆる第二新卒枠で転職していきました。
第二新卒ならば比較的、容易に別業界へも転職できると思います。

 

けれど、もしもあなたが大企業で働いているのだったら
少し思い止まって欲しいかなと思います。

 

転職すると自分の今いる会社よりも高いレベルの会社に入るのが難しくなります。

一概には言えませんが、新卒ですとまだそこまでキャリアも無いですし、スキルも不十分という場合があります。

 

その場合、今いる会社よりも言い方は悪いですが
しょぼい会社に転職することになる可能性が高いです。

 

しかし、姫野のようにそこまで大きな会社では無い場合は転職しても大丈夫です。

 

いまの会社よりもいい会社に入れる可能性も高いです。

 

早期に転職するリスクは?

 

リスクは無いと言ったら嘘になります。

確かに、新卒1年未満で離職したことで書類選考の段階で落としてくる企業もあります。

書類に通ったとしても、面接の時にやけに突っ込んでくるオジサンがいるかもしれません。

 

しかし、そんな企業よりもはるかに若手が欲しいと思っている企業の方が多いです。

 

あなたのような人材のことを喉から手が出るほど欲しいと思っている企業もたくさんあるということを覚えておいてください。

 

【簡単すぐに】新入社員の会社の辞め方

 

会社を辞める方法についてお話していきます。

この記事を読んでらっしゃる方は、新人さんが多いかと思います。

 

お仕事を任せてもらっているとは言え、入社が浅いので
まだ上司や先輩の補佐業務が多いのでは無いかと仮定します。

何が言いたいかと言いますと、
本来会社を辞める際には、『引き継ぎ』というものが必要です。

 

けれど、入社年月が浅い場合はおそらく引き継ぎの手間もそんなに無いはず。

 

なので比較的、簡単に辞めることができます。
会社なんて勤続年数が上がるほど辞めづらくなるものです。

 

けど、せっかく入社したのに…今まで色々教えてくれたのに…など
辞めづらいというのもあると思います。

しかし貴重な人生、現状の会社で消耗し続けて貴重な成長の場や、
スキルアップチャンスを逃すのは、あまりにも勿体無いです。

 

会社なんていつ辞めてもいいのです。

 

気にせず退職願を書きましょう。

 

会社退職までの流れ

 

まず、世間一般的に退職を切り出すのは1〜2ヶ月前とされています。

しかし、切り出してから1ヶ月も2ヶ月も出社し続けるのはキツイ…誰しもそう思います。

でも新入社員の場合、二週間前の切り出しでも大丈夫かと思います。何故なら、法律がそう定めているため。

そして新入社員の中にはまだ有給休暇が付与されていない人もいるかと思います。

 

本来、1ヶ月や2ヶ月前に申告するのは有給休暇を消化するためでもあるのです。

別に消化しなくても良い新入社員の場合、別にそんな前に申告する必要はありません。そんな事前に辞めることを伝えて出勤し続けるのは拷問です。

 

もしも有給休暇が付与されていて全部消化したい!(当たり前のこと)場合は、気持ち早めに退職を切り出すのがいいかもしれません。

 

1、直属の上司にメールで直接話したい旨を送る

 

メールで直接話したいということを伝えます。
ここで注意なのが、決してメールで退職しますと書かないことです。

一応、社会のルールとしてアポをとって直接話すようにしましょう。

 

メール定型文はこちら

【件名】ご相談の件について

【本文】

○○様

お疲れ様です。
お忙しい中、大変恐縮ですがご相談したいことがあります。

ご都合のよろしい時間で結構ですので、お時間いただけますでしょうか。

 

○○

 

こんな感じで大丈夫です。

注意するのは、退職をほのめかすような文章は書かないことです。
まあ相談というワードも察しの良い人ですとピンとくる可能性もありますが。

とりあえずメールで直接話すアポが取れたら、
会社を辞める旨を話します。

 

2、退職交渉

おそらく、何故辞めるのか聞かれます。

そして引き止められる可能性もあります。

 

自分なりに引き止められない理由を考えておきましょう。
例:(今の会社では叶えられない)やりたいことが見つかった、体調不良など

 

しつこい上司だと、どうにかして引き止めようとしてくるので負けないように
自分の意思はこれ以上変わらないということを伝えてください。

 

3、いつまでに辞めるか期日を決定する

 

○月○日に辞めるという日にちを決定します。

 

有給休暇を消化する場合は、有給休暇を最後の出勤日まで使うのか、最終日は出勤するのか等を決めていきます。

 

4、退職願・退職届けを出す

 

辞める日が確定したら、すみやかに書いてください。

用意するものはコチラ

  • 白い封筒
  • 白い便箋
  • 筆記用具(黒色)
  • クリアファイル

詳しい退職願・退職届の書き方
https://tenshoku.mynavi.jp/knowhow/taishoku_todoke

 

5、有休消化&引き継ぎ

 

有給休暇も引き継ぎもない場合は飛ばしていただいて大丈夫です。

もし、有給休暇を使用する場合はこの期間に消化します。
そして担当している業務がある場合には、この期間に次の担当者に引き継いでおきます。

 

6、挨拶

 

お世話になった人たちに挨拶をして退職します。

出勤の最終日に同じ営業所の人たちに挨拶しましょう。

 

事業所・営業所などの単位で自信の負担にならない程度でいいので
菓子折りなどを買って行くのもオススメです。

そして直接、最後の挨拶ができなかった場合には、
メールでもいいので挨拶メールを送っておきましょう。

 

面倒ですが、お世話になったお礼ということで頑張って送りましょう。

 

6、会社から貸与されているもの・制服等を返却

 

これで完全に終了です。お疲れ様でした。

貸与されているものを、ずっと所持していると後々連絡が来たりするので、
忘れないうちに全部返してスッキリしてしまいましょう。

 

退職を切り出すのも面倒な場合は

 

中には、もう明日から行きたくないという人もいるかと思います。
出社したくないし、出来ることならこのまま消えたい…

実際に姫野の友人も何人もそういう人がいました。

そういう場合は、あまり世間的には良く思われないかもしれませんが

退職代行を使うのも、私はいいと思います。

 

 

退職代行(たいしょくだいこう)とは、労働者が会社を退職したいと考えた場合に、労働者に代わって退職の処理を行ってくれるサービスです。

 

しかし、退職代行を使う人が増えたことにより、違法な退職代行に対する対策をしている会社も増えてきました。そりゃあ、代行使う人が増えれば対策を組まれるのは当たり前。

 

そこで、簡単かつ確実に退職できるサービスがこちら
業界競争力NO.1の【退職代行ガーディアン】

 

怪しい退職代行サービスが多い中、退職代行ガーディアンならば労働組合が私たちのことを守ってくれます。

また、即日・確実に辞めることができるので、
もう限界という方には限界突破をする前に【退職代行ガーディアン】で自由を手に入れて欲しいなと思います。

724万人(!)が利用しているので、実績もあって安心して新しい道へ進めます。
相談も、手軽にLINEで行えるので気負わずに利用できるかと思います。

本当に辛くていますぐに辞めたいよって方はこちらから相談ページに飛んでください。

 

最後に

 

会社勤めって、定年まで何十年と続いていくものです。

なのに自分に合ってない会社でずっと消耗し続けるのは勿体無いですし、

何より勝てるフィールドで戦ったほうが自ずと結果も出てきます。

 

あなたが本当に輝ける会社に出会えることを心から願っています。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

姫野
こんにちは。姫野です。ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。よろしくお願いいたします♪