Twitterはこちら

通関士ってどんな仕事?どんな1日の流れなの?

こんにちは、姫野です!

今日は通関士の仕事内容及び、通関士が普段なにをしているのか等について書いて行きたいと思います!

 

島国日本にとっては無くてはならない通関士なのですが
まだまだ通関士の存在は知られてないのではないでしょうか。

何を隠そう、この私も通関士になるまで
通関士なんて名前くらいしか聞いたことないなレベルでしたから。

 

 

通関士の仕事内容とは

 

ザックリ言います。

海外からモノを輸入・輸出する際の申告手続きをお客様(荷主様)に代行して行うことです。

 

本当にザックリすぎて何も伝わっていないと思います。
少しずつ噛み砕いてご説明します。

 

そもそもまず通関って何??

という方もおられるのではないでしょうか。

“つうかん”と変換しても最初に出てくるのは”痛感”ですもんね。
メジャーじゃないんだなあとつくづく痛感しています。笑

 

それはさておき通関とは

貿易において貨物を輸入及び輸出をしようとする者が、税関官署に対して、貨物の品名、種類、数量、価格などに関する事項を申告し、必要な検査を受けた後に、輸入の場合は関税など必要な税金を納付させ、税関から輸出入の許可を受ける手続き。

Wikipedia一部引用

・・・なんか理解しづらい。

通関士の仕事をしていなかったら絶対に私は理解できていないと思います。

 

わかりやすく言うと、

海外から仕入れたモノ(輸入)が怪しいモンじゃないか・日本の法律違反になっていないことを税関に対して納得してもらえるようプレゼンテーションするような感じです。
実際のプレゼンとは全然違うんですけどね。
証明するって感じでしょうか。

要は税関から許可をもらうために
通関士が切磋琢磨して輸入許可まで持って行くことを通関業務と言います。

日本から海外にモノを出すのも同じく。(輸出)

 

基本、輸入も輸出も通関をしないと流通できません。

通関士が適当に仕事をして、仮に税関もスルーしてしまった場合、もしかしたら食品被害の事件等に発展する可能性もあります。

 

通関士は国民の健康を守るためにも一翼を担っていると言っても過言ではありません。

 

通関士の1日の流れは?

 

もちろん通関士ごと・会社ごとに仕事内容や1日の流れは微妙に変わってくると思います。

そして通関士には

  • 海上貨物担当
  • 航空貨物担当(エアー)

のふた通りの通関士がいます。

姫野は海上貨物(船でドンブラやってくる貨物)を基本的には担当しているので、今回は海上通関士についての流れを書いて行きます。

 

とはいえ、時々は航空貨物も扱います。姫野の場合どんな時に扱うかと言いますと・・・

 

お客様がめちゃくちゃ急いでいる貨物・商品の時。ですね。

 

 

船の場合、ヨーロッパからだと日本に到着するまでに約1ヶ月かかります。コスト的に航空よりもお安いのですが、どうしても時間がかかってしまうわけです。

 

なので、もうあの商品が欠品になってしまう!!!
という時に飛行機で商品仕入れるから通関切ってくれ!というパターンはありますね。

ものすごいスピード感です。航空貨物は。

船はなんせゆっくりドンブラですからね。そして遅れることもあるので。

 

しかし今回は海上貨物の通関士の1日についてお伝えします。

 

通関士(姫野)の一日

 

いつもは朝5時に起きます。しんどい。
辛すぎるのですが、なんせ営業所が辺鄙な場所にあるので遅延するリスク含め早起きしないとダメなのです。
別に遅刻しても遅延なら許されるのですが、お客さんや税関のことを考えると遅刻したらアカン概念が襲ってくるので泣く泣く早起きです。
姫野のくせに変なところが真面目なので。

 

基本的に電車で通勤します。
中には車で通勤している人もいますが基本みんな電車通勤です。

姫野も、余程のことがない限り車は使いません。

そして姫野は大体8時前には会社について書類バサバサしています。
通関士、まだまだペーパーレスの波に乗っていないので基本的に紙の書類です。

 

8時半:税関開庁

 

申告業務(NACCSというパソコンソフトを用いて税関などとオンラインでやり取りできます)を開始できるのは、もちろん開庁している時間のみ。

なので土日は申告業務は出来ません。
基本、税関スケジュールとともに通関士は動くので、年間休日は税関とお揃っちです。笑

 

8時半を過ぎると、お客さんはもちろん税関から電話がきたりと一気にピリピリムードに。

(姫野、税関からの電話はとても嫌いです。)

 

そして電話対応しつつ、申告書類を作っていきます。
この申告書類を作成するために必要なものがインボイスやパッキングリストなどのお客様から送られてくる紙ペラです。

この書類を捌くときに必要になってくるのが

専門知識。

 

通関士の腕の見せ所でございます。

専門知識経験がモノを言います。

 

商品分類の知識、関税法その他法令の知識、原産地規則等の知識、食品届の対応など本当に細かいです。細か過ぎる。通関士は日々勉強なのです・・・

 

こんな感じで午前中は基本、ずっとデスクにいます。

 

電話でお客さんと話したり、運送会社の手配をしたりNACCS使ったり書類作ったり。

忙しい時は本当トイレに行くのも忘れるほど。

逆に閑散期は暇を持て余して、ネットサーフィ…

 

結構、忙しさの波があるのかもしれません。

 

そしてお昼休みは12時から13時までです。
でもお昼休みでも電話鳴ったりするので私は外でお昼食べたりしています。笑

お昼食べているときに、デスクの電話が鳴るの本当に嫌ですよね〜〜。

 

そして13時から再び業務開始。

外回りといって、税関などに書類を出しに行く担当の人がいるので、出して欲しい書類等があればお願いします。

姫野も外回りしたかったのですが、
運転が心許ないという所長の判断により却下されました。笑

 

そして午後も引き続き書類作成や客への対応を行います。

姫野の会社は定時は17時半なのですが、最近では定時に仕事終わらせて帰れやムードが出ているので、みんな比較的残業なしで帰っています。

 

とはいえ繁忙期は泣く泣く残業決め込むんですけどね。

だいたい1日の流れはこんな感じです。
輸入貨物が税関検査の対象になったり、貨物を実際に見にいく(内容点検)などのイベントも多々発生しますが、基本的にデスクワークだと思って頂いて間違いありません。

 

まとめ

 

通関士の仕事および1日のに流れについて簡単ですがまとめてみましたが、どうでしたでしょうか。

 

ちょっと想像しにくい世界かもしれませんが、少しでも通関士の世界について知っていただけたら幸いです。

結構スケールの大きい仕事をしているわけですが、なかなか通関士自身も気付きませんね。日本経済を一部を支えているのですから世の通関士さん達は本当にすごいと思います。

 

いい就職.com



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

姫野
こんにちは。姫野です。ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。よろしくお願いいたします♪