Twitterはこちら

通関士は英語力が必要?語学力は必須なのか?

こんにちは、姫野です!

 

本日は通関業務において英語力は要るのか否かについてまとめます!

通関ということはもちろん外国との取引になります。

 

ということは英語力、
英国以外から輸入する場合などはフランス語やスペイン語なども必要なのでしょうか??

 

実際に実務に携わっている姫野の経験も踏まえてお答えしていきます!

 

通関士に英語力は要るの?

 

単刀直入にお答えします。

 

 

いらないです。

 

あ、でもローマ字とか中学レベルの単語は欲しいかもしれません。

 

しかし大学受験レベルの英語とかTOEICとかいらないですね。

 

なんで通関士に英語力が求められないか、理由は以下です。

 

簡単な単語(というか貿易用語)さえ覚えれば仕事できるから。

 

です。

 

確かに通関上、必要な書類は英語です。
しかし論文のようにズラーっと英語が書いてあるわけではないです。
もしもそんな書類があったら姫野は無理です。笑
大学受験以来、そんな長文英語は見ていません。

 

通関に必要な情報だけをピックアップして抜き取り、
日本語で理解すればなーんも問題なしです。

 

なんなら今の時代はグーグル先生も近くにいますからね♫

 

英会話なども必要ないの?

 

はい、いらないです。

 

日本語ができれば全然問題なしです。
姫野に関しては日本語も危ないですしね。笑

 

通関業者は輸入者輸出先仲介者という立ち位置です。

通関業者がやり取りするのは、もっぱら日本人です。
時々、韓国人の方や中国人の方もいますが
日本語でお話してくださります。それはそれは流暢な日本語です。

 

輸出先(外国)とやり取りするのはお客様サイドです。
お客様である、荷主様は英語ペラペラです。

こちらから直接、輸出先の外国企業へ連絡とったりメールすることはないですね。
(ごく稀に、海外の船会社などにアプローチすることはあります。稀に。)

 

英語力があると宝の持ち腐れになる?

 

姫野の職場にもいます。英語ペラペラな人。

しかし、実際の実務で英語をゴリゴリに使う場面ってないのですよね。本当に。

 

 

勿体無いなぁって思います。

 

そんなに英語ペラペラなら、
海外に行けるチャンスのある仕事とか英文事務とかに行けばいいのになあとは
内心思ってます。言わないですけど。

 

本当、宝の持ち腐れの極みだと思います。

 

ちなみに通関業務と似ている業種でもある、
貿易事務には高度な英語力は必要です。

通関士と貿易事務の違いはこちら♫

通関士と貿易事務の違いは何か。

まとめ

 

今回は、通関士に英語力が必要なのかについてお答えしましたが、

姫野も実際に通関実務に携わる前は、

 

『どうしよう、通関士とか絶対英語いるやつやん……無理すぎ』

 

と思っていました。

イメージで通関士には英語が必要って思ってしまうのですよね。

 

実際は中学レベルの英語力さえあれば

なんとかなります

何を隠そう姫野が実績にいます。笑

 

書類も専門用語のオンパレードですし、英語堪能な人も

専門知識がないと解読できないと思います。

 

その代わり覚えてしまえばこっちのもんです。

 

今の時代、英語が必須と言われている中、

通関士という職業は英語苦手な人にとって案外穴場な職業なのかもしれません。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

姫野
こんにちは。姫野です。ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。よろしくお願いいたします♪