Twitterはこちら

始業時間が早くて辛いあなたへ【朝早いのはしんどい】

こんにちは、姫野です!

皆様の会社は始業時間は何時からですか?

本日は始業時間が早くてしんどい疲れた
という方へ向けて記事を書いていきます。

 

 

始業時間が早いとしんどい

 

始業時間が早く設定してある会社って世の中に結構多いです。

一番平均的な始業時間は9時が多いと思いますが、中には7時出勤の会社も。

 

姫野の会社も8時半が始業時間でした。

実際には、早めに出勤していたので8時出勤の気分でした。

 

朝の時間って貴重なのです。

朝の5分は夜の1時間に匹敵するそう。

 

それならば

会社のためにそんな貴重な時間を使うよりも自分のために使った方が絶対に効率的です。

会社が大好き!会社のために尽くしたい!という人は別ですが、そんな人あまりいないと思います。

 

そもそも朝が強い人なら良いですが、朝が苦手な人にとっては地獄です。何をどうしたって眠たいですし。体質で朝に強い人もいれば弱い人もいるのです。

 

始業時間が早い会社はブラックの可能性

 

私の会社はブラックではないものの、まあグレーです。

そもそも始業時間が早いのも業務上、仕方ない部分がありました。

なんせ私が所属しているのはお役所(税関)と連動している部署。税関が開庁する時間が8時半なため、私たちも始業時間を合わせてるといった感じです。

 

しかしよく考えてみると、
税関が開庁する=その時間に合わせて業務をスムーズに行えるように事前準備する必要がある。

 

必然的に、8時半よりも早い時間に書類準備したりメール作ったりしないといけないわけです。

ただでさえ早い始業時間が前倒しになるという事態が発生していました。

 

そして始業時間が早い会社に総じて言えることは、
謎に業務量が多いことが挙げられるのではないかと思います。

 

加えて、謎の朝のお掃除タイムであったり意味のない朝礼を行っている確率が高いです。

満員電車やラッシュに巻き込まれる

 

始業時間が早いからといってラッシュを避けられるとは限りません。

めちゃくちゃ早い始業時間(7時半とか6時台)なら避けれるでしょうが、たかが8時やら8時半とかだと逆に通勤ラッシュに巻き込まれてストレスフルな通勤時間となります。

 

勤務地が遠い人だっているでしょうし、ただでさえ朝早くて眠いのに
これでは生産性も落ちて当然です。

会社はそういった面も考慮すべきです。

 

朝早いからといって、残業が少ないわけじゃない

 

始業時間が早いと、終業時間も早い…そう思われがちです。

でも確かに終業時間は早めに設定されているかもしれません。見かけだけ。

 

でも実際問題、定時ダッシュできるかは関係ありません。

始業時間がどれだけ早かろうが、定時に帰ることが出来なければ何も意味がないのです。

 

むしろ残業がある場合、
始業時間早い上に残業ということになり、自分の時間がどんどん会社に吸収されていきます。

 

始業時間が遅い会社に転職を検討した方がいいかも

 

むしろ今は、定時という概念がない会社も増えつつあるのです。
フレックスを導入している会社も増えてきています。

そしてコロナの影響により、さらに柔軟な働き方が求められています。

 

それなのにウチの会社は依然として決まった時間に出社して、

決まった時間が過ぎてもなお残業している…という会社は今後、伸びていくとは思えません。

 

世間から取り残されていく会社にずっとしがみ付いていても
何もメリットもないし、むしろリスクだと思いませんか?

 

定時がきっちり決まっている会社は昔は当たり前でした。

会社とはそういうもの、と決まっていたからです。

しかし現在はそういう固定観念は古いものとなりつつあります。

 

さらに始業時間が早くてしんどい・辛いと思われているのならば
なおのこと早めに環境を変えることをオススメします。

あなたの貴重な時間をこれ以上、無駄にしないで頂きたいです。

 

朝に強いか弱いかは、遺伝子で決まっている

 

あなたは夜の方が何事も捗流ということはありませんか?

実は私もそうなのですが、夜になると自然と覚醒してきて物事が捗るのですよね。その代わり、午前中はなんとなくボーッとしてしまったり。

 

これって実は、遺伝子によって朝に強い・弱いなどが決定するという研究結果が出てきているのです。

 

小さい頃から、朝型人間になりなさいと言われてきた人や、早起きは三文の徳という言葉もありますが、これら全てもう古い考えです。

遺伝子レベルで決定されていることに抗うなんて、身長を無理やり変えようとすることと同じなのです。

 

始業時間が遅い会社や、フレキシブルに働ける会社へ行くべき

 

始業時間に不満を抱いているあなたには、ぜひ自分の力を120%発揮できる環境へ転職していただきたいと思います。

 

転職先を探す際には、もちろん待遇面や給与・業種なども重要ですが、始業時間にも注目して転職先を探すことをお勧めします。

フレックスや在宅ワークを歓迎している会社も是非、視野に入れて欲しいと思います。

 

そういった様々な条件をもとに求人を探すのは大変…という方は転職のプロ、エージェントに頼るのもいいと思います。

こちらが伝えた条件を元に、膨大な求人・非公開求人から自分にあった転職先を探し出してくれます。もちろん利用は無料なので、とりあえず相談だけでもという場合でも登録しておくのが良いでしょう。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

姫野
こんにちは。姫野です。ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。よろしくお願いいたします♪